天気のせいで頭や目の周りやこめかみが痛い重い。対処法とは?

天候が悪いと頭がガンガンする、なんだか頭が重いなんてことありませんか?
私は元々身体が弱いので、このようなことが頻繁に起きます。
そして天気が悪いときに特に頭痛が起きやすいです。
そこで同じような悩みをお持ちの方に、和らげる為の対処法をご紹介します。

頭が何故か痛い

頭痛が起こる原因とは?

まずは原因を知らないと対処法までに至りませんので、「なぜ天候が悪いと頭痛になるのか」ちょっとお話します。

くもり

実は残念ながらハッキリとした原因はわかっておりませんが、天気が悪いと低気圧の影響で脳の血管が広がって炎症を起こすため、頭痛を引き起こすと言われています。
片頭痛と同じような症状ですね。

片頭痛は男女で比較した場合に女性の方に多く見受けられます。頻度ですが週に2~3回起こることもあるようです。
私は男ですが、、おそらくこのくらいの頻度で頭痛になっている思います。

原因不明っていうのがイヤですよね。
こういった原因が解明されていない病気も意外と多い。
また他の原因としては、ストレスや睡眠不足なども挙げられます。

片頭痛を和らげる為の対処法について

原因はまだ解明されていないので、こちらでは対処法としてご紹介しています。
以下は片頭痛の引き金になりえる要素です。

片頭痛の引き金になりえる要素

・気候の変化
・ストレス
・運動
・睡眠不足
・まぶしさ

など。

他にも朝食を食べなかったり、カフェインの摂り過ぎなど、気候以外にも様々な要素があるんですね。
気候は自然世界のことなので致し方ありませんが、ストレス解消や食事、運動など日頃から気にかけておくことで、片頭痛を軽減することができます。

また、その場の対処法として以下のことが挙げられます。

その場の対処法として

・こめかみを押さえ血流を和らげる
・タオルなどを水でぬらし、こめかみなどを冷やす
・横になって安静にする

運動など血流がよくなることは控えてください。更に痛みが増す場合があります。 

また、眩しいところで頭痛がしたり、めまいなどの症状が出る人も片頭痛持ちかもしれないので、心当たりがある人は気をつけてくださいね。

少しでも変だなと思ったら病院へ

これまで片頭痛についてのお話しをしてきましたが、「自分は本当に片頭痛?」と思われる方もいるでしょう。

中には知らず知らずに頭をどこかにぶつけてしまい、それが原因で頭痛を起こしているかもしれません。
その場合、他の病気の可能性もあるので、いつもと違う違和感を感じたら病院にいきましょう。

まとめ

天候の関係で頭痛になる人は30%以上もいるようです。
私もそのひとりですが、周りでもよく耳にします。
特に季節の変わり目や梅雨の時期などになりやすいようです。

上記の対処法を念頭に置きながら、少しでも頭痛から開放される生活を送りたいものです。