私がWEBデザイナーという仕事に就こうと決めたワケとは

甘かった、就職活動 パソコン基本スキルは当たり前のものに。」の続きです。
自分に合わないと思った職場を去ることにしたわけですが。

そこで、以前お話しした「WEBデザイナー」という職種の話に戻ります。
以前の内容はこちらから

 

WEBデザイナーというのは、名前にもあるようにデザインをする仕事です。
デザインをするというとカッコよすぎますし、大袈裟なのですが、デザイン関係の仕事ということになります。
デザインをする仕事

 
私は幼い頃から絵が好きだったので、デザインに多少なりとも精通するところがあり、
また、パソコンの専門学校でホームページ作成の基礎を学んでいたので、
WEBデザイナーという仕事に就こうと思ったわけです。

 
現在は、専門学校などを通わなくても、インターネット上でホームページ作成 初心者などで検索すると、
いろんな情報サイトが出てきますから、当時に比べると本当に便利な世の中になったな~と感じます。

 
話を戻しますが、WEBデザイナーという仕事に就こうと思ったはいいモノの、そこからが長い道のりになるわけです。
「WEBデザイナーになるにはどうしたらいい??」
というところから始まりました。

次回はそのことについてお話していきたいと思います。