ウェブデザイナー専門の学校卒業後の就職先はあるのか!?

前回の「ウェブデザイナーになる為に専門の学校に友達が通っています」の続きです。

ウェブデザイナーの学校卒業後の進路についてのお話ですが、このあたりも聞いてみました。

まずお話する前に、人それぞれ異なる部分があると思いますので参考程度に聞いて下さい(年齢やスキル、完成などなど)

卒業間近になると、当たり前ですが就職活動するわけですが、幸いにもその友達は、一社目で面接までいき採用試験のお話を頂いたようです。
試験というのは、想像がつくと思いますがウェブサイト作成という部分ですね。

ようは就職先から課題を出されて、それに通れば採用されるという形。
ウェブデザイナーならよくある話しでもあります。
採用する側はどんなデザインができるのか、どこまで要望に近いところまで答えてくれるのかなど、作品をみたいわけです。

サイト作品を確認する企業

それによっては、うちの即戦力になるのか。
または、アシスタント的なポジションになるのか。
あるいは、足手まといになってしまうのか。

など。いろいろな観点からその人をみているのだと思います。

 

そして、友達の結果はどうなったかというと、デザイナーとしては難しいが、まずはウェブサイト運営スタッフとして。。
というお話をもらったようです。(アシスタント的なポジションということですね。これからを期待しているとも捉えることができます)

この結果をどう捉えるかは、人それぞれですが、友達はせっかくウェブデザイナーとして学校に通ったわけなので、初めからウェブデザイナーとしての仕事がしたいという考えを持っており、その旨を伝えてお断りしたそうです。

 

その後、いくつか他の会社にエントリーしたところ、面接止まりで上手くいかない状況が続いたそうです。
結果的に、その友達はすぐには決まりそうになかったので、作品をいくつか作成しそれを持込アピールするという意味で、作品つくりの時間が取れそうな仕事(ウェブとは無関係)にとりあえず就いたということでした。

デザインというのは、人それぞれ好き嫌いがありますよね。
その人の感性によって異なるわけです。
なので、その企業や運営サイトによって合う合わないという部分で落とされてしまう傾向にもあります。

友達は感性が豊かで独自性を持っていたので、フィットした会社に巡りあえていないだけの話しかもしれません。
意外とデザインにこだわりを持つ人やウェブデザイナーになろうと思う人は、これらの独自性が強かったりするので、いざ就職となると決まらない人も多いようです。